×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魔法の睡眠と言われる理由、お教えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
>
日本人の5人に1人が悩まされているのが不眠の諸症状です。

不眠とは?


睡眠時間は十分にとったはずなのに、熟睡したという満足感が得られない状態をいいます。ですから、脳が深く眠っている時間が少ない場合には、「ウトウトしただけでほとんど寝ていない」という感覚になるのです。眠れない辛さは、眠れる人にはわかってもらえません。
一晩に1時間しか眠れない状態が何週間も続くと、極限まで疲れ果て、疲れすぎて眠れなくなります。
布団の中でじっとしていると、昼間起こった嫌なことや、翌日しなくてはならないことが、ぐるぐる頭の中を回り、ますます眠れなくなります。
>睡眠薬は最初は助けてくれますが、慣れてくると効かなくなります。
寝れないくらいで死にはしない、と周りの人は思うかもしれませんが、一晩の睡眠2,3時間という状態が、何カ月も続くと、文字通り死にたいくらい辛いものです。

眠りに悪い習慣


1.夜遅くの買い物
  コンビニなどの明るい照明は交感神経を活発にしてしまうため、睡眠の質を下げる原因になります。
2.カフェインの飲みすぎ
  カフェインは寝つきの良し悪しだけでなく、睡眠の深さにも影響します。
  夕方以降はノンカフェインの飲料に切り替えるのがベターです。
3.お酒
  お酒がストレスをやわらげ、入眠を助けることは事実です。しかし、アルコールが分解 されていくにつれて交感神経が優位になると、全体的に睡眠が浅くなります。
4.深夜くの食事
  夜遅くに食事をとると、胃で食べ物を消化している真っ最中に眠りにつくことになります。
5.ハードな運動
  激しい運動は体温を上げすぎるため、深い眠りを妨げる要因になります。
6.熱いお風呂
  42℃を超える熱めのお風呂に入ると交感神経が刺激されるため、睡眠が浅くなります。
7.考え事
  精神的なストレスがあると、ベッドに入ってからも考え事をしてしまうことが多くなります  が、これは交感神経を刺激する要因になります。

スムーズに眠りにつくためには、眠る1〜2時間前から脳をリラックスさせることが大切です。 勉強や仕事など頭を酷使するような作業は避けて、お気に入りの音楽を静かに流したり、軽めの雑誌や本を読んだり。室内の照明を少しダウンさせるのも効果的です。
また、眠る前にいつもすることを自分なりの「セレモニー」として決めておくと、身体も脳もスムーズに眠りの準備へと入り、不眠の悩みから解放されやすくなります。

睡眠薬の副作用は怖いか?


睡眠薬にもいろいろな副作用があります。その中で一番多いのは、翌日の>ふらつきや眠気です。
これは、副作用というよりも、内服時間が悪いか、種類が悪い(もともと長く効くタイプ)せいで起きてくるものです。
危険睡眠薬を飲んで眠ることに慣れてしまうと、依存という副作用が出てきます。依存するようになると、どんなにマイルドな睡眠薬でも量が徐々に増えていき、さらに強い効き目のある睡眠薬を服用しないと眠れなくなることも。効果が強いといわれるバルビツール酸系の睡眠薬はその分副作用も強く、また、副作用を起こしやすいのです。副作用には、倦怠感や眠気、ふらつき、めまい、ひどくなると頭痛や吐き気、運動能力の低下、幻覚などといったものから、さらにひどくなると呼吸困難など命に関わる問題を引き起こすのです。

そこで最近注目されているのが、睡眠薬の代わりをつとめるサプリメントの存在です。


サプリメントは食品ですから、当然副作用の心配はありませんし、今お使いの睡眠薬をすぐやめることなく併用で使うことも可能なので、徐々に睡眠薬を卒業するためのアイテムとして注目されています。
睡眠サプリは、中身が薬草など自然なものになっているので、飲んで何か起きるということはありません。さらに、睡眠に関係している栄養だけでは無く、それ以外の栄養も補ってくれるので、服用を続けるといつの間にか調子が良くなっていることも。


さあ、あなたも至福の目覚めを手に入れるには、いますぐお申込みを!


リンク集

まとめ

Twitterまとめ